fc2ブログ

コアラのタンゴ♪

コアラの国、オーストラリアでの生活日記

ロミオとジュリエット

オリビア・ハッセーがジュリエットの、1968年の「ロミオとジュリエット」のDVDを観ました。
これは10代の時にも観た事があります。
その時は「ジュリエットがすごく可愛い」と思っただけで、後は何だかややこしくてちょっと退屈な映画だと思いました。

でも今回観たら、魂を抜かれる程に感動しました。
何て美しい映画なんだ!

ジュリエットは本当に美しいし、ロミオも美しい。
衣装も音楽も美しい。
美しいという言葉しか出てこないじゃないか。
でも、本当にあんな美しい適役2人を、よく見付けたもんだなと感心します。

そして、みんなすごくテンション高い!
喜ぶ時は飛び上がる程喜び、怒るときは怒鳴り散らし、泣くときは泣き叫ぶ。
この大袈裟な所もまた、「映画!!」という感じがして実に良い。
ロミオとジュリエットが恋に落ちた時のテンションの高さは非常に可愛らしい!
若いエネルギーを瑞々しく描いておられますね。


あと、結構コメディっぽい所もあるし、笑えます。

何よりも素晴らしいのがあの音楽です。
「What is a youth」という歌ですが、とても美しく切なくロマンチックな歌です。
その歌に合わせて、舞踏会の中、ロミオとジュリエットがお互いに近付こうとして、そして初めて言葉を交わし、キスをするのですが、そのシーンはもう本当に魂が打ち震えました。
ぞくぞくきました。
私の中では、映画史上最も美しいシーンだと思います。


ただ、ただひとつ、どうしても受け入れがたいのは、殿方のタイツです。
なぜあんなに格好悪いのでしょうか!!
なぜあんなにぴったりしてて、なぜ股間の部分が色違いになっててあんなに強調されているのでしょうか。
あれは恥ずかしい。
あんなタイツを履いて来られた日には、100年の恋も冷めてしまいます…。

しかしそこは時代背景も考慮して、あえて目をつぶりましょう!
その他全部が美しいので、うまく中和されていると思います。




スポンサーサイト



コメント

タイトル

ほんとうだ、美しい!二人とも美しい!!
若さって美しい!と思ったー^^

タイトル

純子ちゃん
そう、美しいのよっ!
うっとりしちゃうのよ!
ジュリエット役のオリビア・ハッセーは、なんと布施明の元嫁さんなんだよー。
あれだけ美しいのになぜ日本人の布施明と結婚したんだろうと不思議に思う
…なんて言ったら布施明さんに失礼か(^^;)
きっと布施さんはとっても素敵な人なんだろうね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://manachan2009.blog68.fc2.com/tb.php/645-d3678a57

 | HOME | 

 

プロフィール

愛美

Author:愛美
オーストラリア、クイーンズランド州、とある小さな田舎町の、携帯電話の通じない山奥に住んでいます。ワイルドな夫(リー)、犬のウィルフレッド、そしてニワトリ達と暮らしています。色んな動物や虫も出てきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1084)
映画 (88)
音楽 (21)
本 (54)
絵 (121)
モルモット (35)
生き物 (467)
美容 (76)
ブレット (29)
ガーデニング (130)
料理 (170)
ニワトリ (69)
美味しい物 (221)
スピリチュアル系 (9)
ブライス (19)
お酒 (6)
ブレット&ウィルフレッド (116)
切手 (15)
運転 (37)
手作り (33)
Australia Zooへの旅 (11)
特別なイベント等 (78)
アトキンスダイエット (15)
名探偵ポワロ (27)
セルフポートレート (14)
日本 (24)
ウィルフレッド (32)
ダック (17)
ギター (78)
可愛いもの (64)

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん