fc2ブログ

コアラのタンゴ♪

コアラの国、オーストラリアでの生活日記

Valerie and Her Week of Wonders

変な映画を観ました。
タイトルは「Valerie and Her Week of Wonders」。
1969年のチェコの映画だそうです。
日本のタイトルは「闇のバイブル/聖少女の詩」。
解説

チェコ・シュルレアリスムグループの創始者である詩人ビーチェスラフ・ネズバルの小説「少女バレリエと不思議な一週間」を、チェコ・ヌーベルバーグの映画作家ヤロミール・イレッシュが映画化し、ゴシックロリータ映画の最高峰として現在に至るまでカルト的人気を集め続ける1969年製作の異色ファンタジー。厳格な祖母と2人きりで暮らす美少女バレリエ。ある日、村にやって来た旅一座の中に不気味な怪物を見た彼女は、奇妙な悪夢に悩まされるように。それ以来、バレリエの周囲で不思議な出来事が次々と起こりはじめる。


すごく私好みっぽい映画なのでワクワクしながら観たのですが、なんだかよくわからない、変な映画でしたよ。
意味が全然解らないけど、映像は可愛くて綺麗で、好き。
ヒラヒラの白いドレスを着た可愛い女の子が出てくるのでよろしい。

主人公のバレリエ、昔の加賀まりこさんみたいだと思いました。
どことなくアジア人っぽい所もある顔だな。可愛いよ。
でも髪の毛がどう見てもカツラ。


以下、私が私なりに理解できた点(多分間違ってる)や、思う事です。

イヤリングと真珠は重要なアイテム。
死に神みたいな男はバレリエのお父さんでイタチ。
おばあちゃんと、従姉と、お母さんは同一人物。
お兄ちゃんのイーグルは何か気色悪い。
神父様も大変気色悪い。
バレリエの仕草が全部色っぽいので積極的に真似していきたい。
セリフや動きが全部大袈裟で芝居じみている。でもそれも好き。

う~~ん、他に何かあったかな?
バンパイア的なのとか、謎の花売り娘さんなんかも出てきますよ。あ、売ってないか、ただ花を渡すだけの娘さん。

なんだかほんとに謎の映画ですが、「もういっかい観よう!!」と思わずにはいられない、変な魅力のある映画だと思います。
この映画、YouTubeで全部観れるよ。英語の字幕です。





スポンサーサイト



 | HOME | 

 

プロフィール

愛美

Author:愛美
オーストラリア、クイーンズランド州、とある小さな田舎町の、携帯電話の通じない山奥に住んでいます。ワイルドな夫(リー)、犬のウィルフレッド、そしてニワトリ達と暮らしています。色んな動物や虫も出てきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1075)
映画 (88)
音楽 (20)
本 (54)
絵 (121)
モルモット (35)
生き物 (465)
美容 (76)
ブレット (29)
ガーデニング (130)
料理 (167)
ニワトリ (69)
美味しい物 (214)
スピリチュアル系 (9)
ブライス (19)
お酒 (6)
ブレット&ウィルフレッド (116)
切手 (15)
運転 (37)
手作り (33)
Australia Zooへの旅 (11)
特別なイベント等 (78)
アトキンスダイエット (15)
名探偵ポワロ (27)
セルフポートレート (14)
日本 (24)
ウィルフレッド (32)
ダック (17)
ギター (75)
可愛いもの (60)

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん