コアラのタンゴ♪

コアラの国、オーストラリアでの生活日記

3年振りのドライビングインストラクター

昨日、3年振りにドライビングインストラクターに運転の手ほどきを受ける日でした。
12時半から。家まで来てくれるという事で待っていました。

しかし!!

1時になっても来ません。
おっかしいな~と思ってリーが電話してみると、
「あっ!ごめん!忘れてた!!」
だって。


ぅおぉ~~~~いっ!!!
めちゃくちゃドキドキしながら待ってたってんだよ!

このインストラクターの男性はトラックの運転手もしているのですが、そっちの仕事を入れちゃって、今ブリスベンに居るという事。

そういうわけで、ドライビングレッスンは、今日に振り替えられました。

今日も、12時半~1時くらいに行く、と言っていたのに、実際に来たのは1時20分だったよ。
アバウトだな~!

典型的なオージーのトラックドライバーのおっちゃん、という感じの男性です。
悪い人じゃないよ、全然。優しいし、面白いし。
3年前に一度だけレッスンを受けましたが、私達の事、覚えてくれていたようです。

さあ、後ろにリーも乗っけてレッスンスタートですよ!
リーは私に運転を教えるスーパーバイザーだから、一緒に学ぶのですよ。

免許を取る時の実技テストは、バンダバーグで行われるとずっと信じていたけど、なんと地元で行われるそうです!
えっ!?地元でいいんだ!やったー!
この小さな信号も無い町なら簡単じゃないか!バンダバーグは車いっぱいで怖いんだよ~。

それで、テストの時に通るコースの練習と、縦列駐車の練習をしました。
縦列駐車はテストに出ますよ!
インストラクターの言うとおりにハンドルを動かしてたら、えらく簡単に縦列駐車が出来てびっくりでした。

私も4月末から運転の練習をずっと続けて来たので、他は大体ちゃんと出来ていると言われました。
駐車の練習だけしたら、一発で合格できるよ!と言ってくれました。
一発で合格、出来るといいなぁ。
でも色々ミスとかしそうだし、一発合格なんて期待せずに挑もうと思います。
最初は落ちて当然!くらいの心意気で居た方が、落ちた時のショックが小さくて済むはず。


他に習った事は
ハイウェイで、カーブでブレーキをかけない事。
カーブの最中にブレーキかけると車体が浮いて飛んで行く(?)事があるから危険なんだって。みんなやりがちなミスだそうです。
カーブ前で減速して、カーブでは逆にアクセルを踏む感じが良い。

あ、インストラクターはアクセルの事、スロットルと呼んでいたので、最初なんの事か解らなかったけど、すぐに解りました。

それから、レフト(左)・ライト(右)じゃなくて、マイウェイ、ユアウェイと言ってました。それも最初ちょっと混乱しました。
聞けば、レフトとライトが分からないコがいっぱい居るからマイウェイ、ユアウェイって言ってるんだよ、だって。
確かに切羽詰ってたらどっちがレフトかライトか分からなくなるからね。

他には、パンクした時は焦って危険な所に停まらない事。
パンクしたままでも、ハザード出しながら安全な所まで行き、安全な所で停まる。
危険な所で停まったり、タイヤ交換したりして、他の車にはねられて死ぬ人も結構居るそうです。
怖いね。皆さんも気を付けましょう!


ハイウェイは大型トラックがいっぱい通ってるけど、怖がらなくてもいいと言っていました。
イヤなトラックの運転手も居るけど、トラックの運転手は毎日何百キロも走ってて経験豊富で、大抵は良いドライバーなので、心配しなくても良いって。

他には、キャラバン(車の後ろに付ける大型キャンピングカーみたいなやつ)引っ張ってる車、やつらはワースト・ドライバーだ!と言ってました。
今日のレッスン中にも、道路にはみ出て謎の動きをしているキャラバンが居たので、その時に言ってたのです。


あとこれは、3年前も言ってたけど、カンガルーが飛び出して来た時は迷わず轢いてしまいなさい、という事です。
可愛いカモの親子が道路横断してても、もし後ろからトラックが来てたりしたら、急ブレーキをかけたら自分が死んでしまうので、自分の命かカモ一家の命か考えて、カモ一家は轢いてしまいなさい、だって。

急ブレーキかける時は、絶対ミラーで後ろを確認してからかける事、自分の命か、前のものを轢くか、考えてブレーキをかけなければいけません。

ああ~でも、マツカサトカゲだけは轢きたくないなぁ。マツカサトカゲは20年くらい(だったっけ?)ずっと同じパートナーで、交尾の時期になると、まるで待ち合わせの約束をしているかのように再会し、交尾するんだもんね。
パートナー死んじゃったら可哀想でしょ!
テレビで、轢かれて死んだパートナーの横をずっと離れずにペロペロしてるマツカサトカゲ見たけどありゃあ切なかったよ。
ごめん、マツカサトカゲの為ならわたし、急ブレーキかけるかも。


あとは、インストラクター、「もしカラスを轢いたら100万ドルあげるよ」と言ってました。
彼は長年トラック運転手をしてきて、今まで色んな動物を轢いて来たそうです。牛やら羊やらエミューやらコアラやら様々な鳥。
しかし、カラスだけは轢いた事が無い!
カラスは絶対に轢けない!
だからカラスを轢いたら100万ドルあげる!
だってさ(笑)


そんな感じのレッスンでしたよ今日は。

あとは、駐車の練習をして、テストの予約して、テスト当日のちょっと前に、テスト目線のレッスンをしましょう!という事です。
免許取得の日は近付いて来ましたよ!!
あ~~~長かったね、9年!
こんな遠くまで来ちゃったのか~、という感じです。

がんばって駐車の練習をしたいと思います。


スポンサーサイト

 | HOME | 

 

プロフィール

愛美

Author:愛美
オーストラリア、クイーンズランド州、とある小さな田舎町の、携帯電話の通じない山奥に住んでいます。ワイルドな夫(リー)、2匹の犬(ブレット&ウィルフレッド)、そしてニワトリ達と暮らしています。色んな動物や虫も出てきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (561)
映画 (54)
音楽 (4)
本 (45)
絵 (88)
モルモット (35)
生き物 (286)
美容 (39)
ブレット (27)
ガーデニング (79)
料理 (63)
ニワトリ (28)
美味しい物 (94)
スピリチュアル系 (5)
ブライス (15)
お酒 (4)
ブレット&ウィルフレッド (50)
切手 (9)
運転 (26)
手作り (16)
Australia Zooへの旅 (11)
特別なイベント等 (54)
アトキンスダイエット (15)
名探偵ポワロ (25)
セルフポートレート (6)

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん