fc2ブログ

コアラのタンゴ♪

コアラの国、オーストラリアでの生活日記

今日のトマト

240121.jpg


2401212.jpg



2401213.jpg



2401214.jpg



2401215.jpg



2401216.jpg


夏バテ気味だけど、お庭のトマトでリフレッシュ!!


2401217.jpg
本当に美味しい。
やっぱりその土地でその季節に採れたものが最高の薬だ。


スポンサーサイト



雨季

最近毎日のように雨が降るよ。
水分は美しい!
全てが生き生きと生命力を得ています。

ミニトマトも豊作です。
240113.jpg
本当に味が濃くて甘くて美味しい。栄養満点!




2401132.jpg

まだまだなるよ


2401133.jpg


2401134.jpg
なんだかベトナムとかタイみたいな風景。



これはダムの湧き水が流れてる所の水中です。
2401135.jpg
何らかの植物が蝶々みたいな形でした。可愛い!




2401136.jpg

水分はいいよ。
水は美しい。


破傷風のワクチン

今日はリーと、破傷風のワクチンを打ちに行って来ました。
前回打ってから10年経ったので。

確か1人$14くらいでした。安い。助かる。

少し痛かった。


これは庭で満開になってるニオイバンマツリ。
231219.jpg

本当に綺麗でいい色で、匂いもグレープ味のお菓子みたいで、大好きです。

2312192.jpg

英語ではYesterday Today Tomorrowという名前だよ。

2312193.jpg


2312194.jpg


グリーンネックレスという、つる性の多肉植物の花が咲いています。
2307264.jpg


2307265.jpg
先っぽがクルクルってなってて不思議な花。



こちらも同じ感じの多肉植物。こちらは黄色い花が咲いてます。
230728.jpg


これはルビーなんとかっていう名前だったかな?忘れた。


2307282.jpg




庭に生えてるポップコーンの香りの花の木、大きくなり過ぎたのでリーが切ったのですが、花がいっぱいついてたので花瓶に挿しました。
2307283.jpg
ワイルド生け花!
一回風で倒れました。
ハニーポップコーンの甘~い香りの花です。


今日の日記

今年もこの白いキク科の花が満開を迎えようとしています。
2304182.jpg


しかしよく見ると・・・

2304183.jpg

花びらが食い散らかされてボロボロです。


2304184.jpg


これね、全部バッタが食べてるの!


2304185.jpg

もう最悪。人が毎年楽しみにしているものを!!


だから暇さえあればバッタを捕まえて瓶に入れ、鶏に与えに行きます。
バッタ、腹立たしいですよ。


ここ最近体調がすぐれなくてちょっと落ち込み気味です。
思えば私は健康優良児で(?)あんまり病気とかした事が無いので、ちょっと体調が悪いと「これは癌だ。もう全身に転移してるい違いない。」みたいな気持ちになります。
でもみんなそうじゃない?
ちょっと不調になると、これはもう手遅れだ。もう長くないな。とか思いませんか?
病気怖いよね。
病気の事考えたらすぐに鬱になるよね。
健康はありがたいですよ。ほんと。






 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

愛美

Author:愛美
オーストラリア、クイーンズランド州、とある小さな田舎町の、携帯電話の通じない山奥に住んでいます。ワイルドな夫(リー)、犬のウィルフレッド、そしてニワトリ達と暮らしています。色んな動物や虫も出てきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1074)
映画 (88)
音楽 (20)
本 (54)
絵 (121)
モルモット (35)
生き物 (465)
美容 (76)
ブレット (29)
ガーデニング (130)
料理 (167)
ニワトリ (69)
美味しい物 (214)
スピリチュアル系 (9)
ブライス (19)
お酒 (6)
ブレット&ウィルフレッド (116)
切手 (15)
運転 (37)
手作り (33)
Australia Zooへの旅 (11)
特別なイベント等 (78)
アトキンスダイエット (15)
名探偵ポワロ (27)
セルフポートレート (14)
日本 (24)
ウィルフレッド (32)
ダック (17)
ギター (75)
可愛いもの (60)

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん