コアラのタンゴ♪

コアラの国、オーストラリアでの生活日記

Facebookのカバーフォトを更新しました。
170411.jpg
オーストラリアの小鳥たちと、バリーちゃんを描きました。
色鉛筆で。

ずっと夏の絵だったので、もう秋なので変えなくては!と思ってて、やっと変えました。


最近全然絵を描いてないな。
自称画家の卵だったのに。


違うのよ!忙しいのよ!
描きたいんだけどね、色々他にやるべき事が目白押しじゃないですか。

絵を描いている暇があったら、種のパッキングやら庭仕事やらをしなければいけないのです。

それに、私はぼぉ~~っとする時間が、人生で一番大切な時間だと考えているので、ぼぉ~~っとする時間は譲れない訳じゃないですか。

それで自然と絵を描く時間がなくなってしまったという訳なんですよ。

いやぁでも、描かなきゃね、絵。
やっぱり、絵を描くのは楽しい。
どんな絵でも、出来上がったら最高に嬉しいからね。
人生がちょっとだけ楽しくなるよ。


描こう。
うん。




スポンサーサイト

新年!

明けましておめでとうございます!
「今年の皿は今年の内に!」と思って急いで皿を洗ってる途中で年を越してしまいました。

これ前にも書いたかもしれないけど、年を越すと、子供の頃に姉と「わたし去年からお風呂入ってない。」とか「わたし去年から何も食べてない」とか言って笑ってたのを思い出します。

なので今夜は「私去年からずっと皿洗ってる。」とリーに言いました。


皆様に年賀状を書きました!
ハイッ!
170101.jpg
酉年という事で、私は今年年女ですよ。


お母さんが送ってくれたしめ縄も飾りました!
1701012.jpg
家には「玄関」というものが無いのです。
ガラス戸をガラっと開けて入る所がメインの入り口。
なので、どこに飾ろうかしら~?と悩んだ末、入口の横の壁に飾っておきました。
お正月、いいね!


ところで、スーパーで、チューペットみたいなのを売っていたので買いました!
161231.jpg

懐かしい!!

1701013.jpg
ポキッと折ってリーと半分こ。
美味しい!
子供の頃食べまくっていましたよ、チューチュー。
ファミコンしながら食べまくっていたものです…。



しかし、ツイッターの年越しが素晴らし過ぎて感動しましたよわたくし。
みんな「明けましておめでとう」ってツイートしてて、友達がいっぱい居るような気分になりましたっ!
リアルタイムで人と繋がってるというこの素晴らしさ!
なんだこれ、私ったら現代っ子!(?)
ツイッター最高だね。
おめでとうツイートはみんな「いいね」しまくった。
みんなもいいねしてくれる!
ああ、楽しい。
紅白の様子もちょっと伺えて面白かった。


お正月の雰囲気って本当に好きだなぁ。
敵も味方も、この時ばかりは一時休戦して、お互い1年間無事生きてこられた事を祝って、新年の幸せを祈る!みたいな感じで。
あったかいね。
幸せな気分になるね。




そんな感じで、皆さま、今年も宜しくお願い致します。




牟礼藻羅

前から描きたいな~と思っていた、森茉莉さんの小説「甘い蜜の部屋」に出てくる美少女モイラを想像して描きました。
160807.jpg
ああ、女の子の顔を描くのは楽しいなぁ!
でも体とか服は難しいしめんどくさいので嫌いです。ご覧の通りです。
でもみんなそうよねっ!?


本当は、裸体であのぐにゃっとした感じのモイラを描いて、背景に百合とか描いてみたいんだけど、そんな根気はないので顔だけメインに描きました。
モイラは体から百合の香りがするのですよ!


こういう風に、気楽に描くってやっぱり楽しいし、大切だな。
気楽な絵を毎日描こう!
一日一絵くらいで行けたらいいな。



牟礼藻羅はモイラのフルネーム。牟礼(むれ)が苗字で、モイラは藻羅と書きます。



ONARA GIRL

久し振りに絵を描きました!
160806.jpg
「ONARA GIRL」
サインペンと色鉛筆で塗りました。


どうです!今までとは全く違った感じの絵ですね!
お尻なんて描いたの初めて。
画家としての自分の殻を打ち破った感じです。

前はいい子ちゃんな絵を描き過ぎていたと思います。
もっと、自由でいいんだと、自由に、上手い下手とかも関係無く、心の赴(おもむ)くまま描いて行ったらいいと思います。

道徳とか常識に囚われていては、真の芸術は生まれないのである!!


・・・な~~んてね。





最近白髪が増えてきました。
けっこうショックよね、白髪って・・・白髪って。
心はまだ21歳くらいのつもりなのに、確実に老けて行っています。

リーが私の頭を見て、「Grey hairがある!」と言いました。英語では白髪をGrey hairというみたい。
えっ!白髪?抜いて!
って言ったら、「え?なんで?髪が可哀想じゃないか!」と言いました。

だって白髪なんていやだよ~、恥ずかしいよ!
と言ったら、「歳をとるのは悪い事じゃない!白髪が増えて行くのも自然なんだから、抜いたり染めたりするのなんて馬鹿げてる。」というような事を言いました、リーさんは。


白髪になったりシワが増えたり、皮膚が垂れさがったりしていくのは当たり前の事なんだから、それを隠すなんてしなくていいんだ!白髪だって自然なんだからそのままでいいじゃないか!

と言うのです。

ちょっと、目から鱗でした。
いい人だなぁ、リーは。

うん、それもそうだな、そんなに気にしなくてもいいや。歳は歳なんだから、そりゃ白髪も生えるわ!
別に必死で隠さなくてもいいじゃない。

心がすっとしました。


リーはジェントルマンですよ。
どんなもっさりした格好をしてても、いつも容姿を褒めてくれます。
いや、それはいくらなんでも褒め過ぎだろう!と思ったりもするけど、嬉しいものでありますよ。

私の顔のシミでさえも、かわいいって言ってくれるのよ!
シミがあるからこそ君の顔なんだから、シミも含めて好きだ、なんて言ってくれます。

やだ、のろけちゃったわ。

昔リーは、「確かに君はモデルの様に美しいわけではない。しかし蜘蛛の様に美しい」と言ってくれた事があります。
えっ!?蜘蛛って、私が一番苦手な生き物だよ!
と思ったけど、リーは蜘蛛が大好きなのです。
生き物として美しい、ずっと見ていたいような美しさなんだって。
だから、蜘蛛のように美しいと言ってくれた事は、今でも光栄に思っております。



リー自身も、白髪になったり禿げたりしても、絶対染めたり増毛したりはしないぞ!と言っております。
いいと思います!





植物学者

今日と昨日はたくさん雨が降りました。
雨にも関わらず、リーは土日のどちらも植物の会に行って来ました。
私はお留守番だよ。植物の会とか退屈で鼻ちょうちんが出来そうなんですもの。

リーは、すごい植物学者に会った!と、興奮していました。
自分も植物学者になる!と言っています。
がんばってくれたまえ!


そんな感じで、私は土日はものすごくダラダラとして、昼寝をしたりして充実した時間を過ごしました。
リーと私は普段四六時中一緒に居るからね、全然いやじゃないけど、たまにこうやって一人きりになる事も大事だなぁと思うわけです。

人と一緒に居ると、無意識に演じているような所があるじゃないですか。
「自分」を演じているというか。
それも全然苦痛じゃないんだけど。
なんて言ったらいいのか、一人になると、ほんとうに、誰にも見られてない、何をしてもいい、裸の解放感!みたいなのが感じられますね。

人間を休む、みたいな感じ。
うん。
気持ちがよい。



Facebookのカバーフォトを変えました。
160717.jpg
冬バージョン。
何年か振りに水彩画!
水彩絵の具、いいね。もっと色々描いてみたくなりました。
後ろのパソコンの画面は映画「中国の植物学者の娘たち」で、アンが薬草ベッドでまどろんでいるシーン。




 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

愛美

Author:愛美
オーストラリア、クイーンズランド州、とある小さな田舎町の、携帯電話の通じない山奥に住んでいます。ワイルドな夫(リー)、2匹の犬(ブレット&ウィルフレッド)、そしてニワトリ達と暮らしています。色んな動物や虫も出てきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (567)
映画 (55)
音楽 (5)
本 (45)
絵 (88)
モルモット (35)
生き物 (292)
美容 (40)
ブレット (27)
ガーデニング (80)
料理 (63)
ニワトリ (29)
美味しい物 (95)
スピリチュアル系 (5)
ブライス (15)
お酒 (4)
ブレット&ウィルフレッド (54)
切手 (9)
運転 (27)
手作り (16)
Australia Zooへの旅 (11)
特別なイベント等 (54)
アトキンスダイエット (15)
名探偵ポワロ (25)
セルフポートレート (6)

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん