fc2ブログ

コアラのタンゴ♪

コアラの国、オーストラリアでの生活日記

The Duke of Burgundy

こないだ夜中にテレビで観た、「The Duke of Burgundy」という映画に私はすっかり夢中です。
冒頭は森の中の小川のシーンです。
23092501.jpg

キノコなんかも出て来ます

23092502.jpg


素敵な街並みと、レトロポップな感じの爽やかな音楽が流れます。

23092503.jpg


タイトル

23092504.jpg

うわー!なんか素敵なお洒落ムービーっぽいぞ!わくわく。


と思って観ていたら、主人公らしき女性は、感じの悪い女主人のもとで働くメイドさんのようでした。
23092505.jpg


女主人はメイドさんをいじめ抜きます。

23092506.jpg


23092507.jpg


え~、相当ブラックな雇い主だなぁ。
と思いながらも見続けていたら・・・

23092508.jpg


なんとなく妖しい雰囲気になってきます。


女主人はメイドさんを「わたくしのおパンティー全部手洗いの刑」に処したりするのです。23092509.jpg



230925010.jpg



230925011.jpg
え、おパンティーけっこうキュート♡


230925027.jpg
メイドさん、少しうっとりしています。


こ、これは、レズビアンの変態ものムービーなのか!!
お洒落ムービーと見せかけて、うーん、そう来たか。



そう、実はこの2人は恋人同士!
本当はこ~んなに仲良しラブラブなのです。
230925012.jpg


230925013.jpg


230925014.jpg
メイドさんと女主人は、そういうプレイだったのです。
メイド役イヴリンはマゾヒストで、恋人のシンシアに、「こういう設定でこういうセリフを言って頂戴」と紙に書いてインストラクションしていたのである。


でも、シンシアは別にサディストではなく、恋人のイヴリンの為に仕方なく演じてるような感じ。
その2人の葛藤というかいざこざというか、そういうのがこの映画の中で描かれています。

230925015.jpg



色々あってケンカしたりして


イヴリンの誕生日には、シンシアはイヴリンのバースデーケーキを自分で作らせます。
そして作らせといて、そのバースデーケーキはシンシアがムシャムシャ一人で食べます。
230925017.jpg

イヴリンを踏み付けながら!

230925016.jpg

これはプレイじゃなくて、本気のシンシアからのイヴリンへの嫌がらせ。
これには本気で涙するイヴリン。
230925018.jpg


なんだかリアルな恋人同士のすれ違いのようないざこざがありながらも、結局仲直りするんですけどね。

230925019.jpg

そして結局また元のメイドさんプレイを繰り返します。


と、そういう感じのストーリーでした。
ストーリーももちろん面白かったのですが、本当に色々と、総てが美しい映画だったのです。

シンシアは昆虫学者で、虫や標本などがいっぱい出て来ます。
230925020.jpg

2人の住むお屋敷も本当に美しかったし、服も素敵。
昆虫学の学会らしきものも定期的に開かれています。
230925022.jpg
学会の客席にはなぜかマネキンが居たりもして謎な所も素敵でした。

そして、昆虫モチーフのブローチがよく出て来たのですが、それもすごくいい!!
230925021.jpg


230925023.jpg


230925024.jpg


230925025.jpg


230925026.jpg
ね~?素敵じゃない?昆虫ブローチ!私も欲しくなってきた!


あとは、登場人物が全て女性なところも、乗り物が全部自転車なところも本当に大好き。
とってもフェミニンな世界。
私フェミニンな世界が大好きです。
私はレズビアンではないけど、レズビアンっていいよなと思います。
だって、女同士の友達の楽しいままで恋愛も出来るのよ?やっぱり男女って好みとか趣味も違うから、面白くない時って多いじゃないですか。リーと一緒に可愛いもの見てキャーキャー言ったり出来ないし。男と一緒に買い物行ったって「あれ可愛いこれ可愛い」って出来ないじゃない!
でも女同士だったら趣味も似てて、一緒にキャーキャー言って楽しめるし、絶対レズビアンの方が楽しいよねって思います。
男女の性行為は何て言うか動物的だけど、女同士のそれは何だか可愛くて美しい。
私は子供も要らないし、レズビアンになるべきなんだ!
なんて思ったり。
でも女子の体を愛したいとは思わないんだよな。


あと、この映画を観て気付いたのは、歳を重ねた女性の美しさ!
シンシアもイヴリンも、若くはないのです。
でも、どちらも上品な色気があって本当に美しいの。
なんというか、ちょっと疲れた、肌の弛んだ感じなんかが異様に色っぽい。熟し切った女の色気。

私も自分が歳を取って気付いたんだけど、若い時ほど若さにしがみついてたように思います。
若い頃は、「30歳過ぎた女に何の魅力があるのか!?」みたいに思ってましたからね。
映画観ても、若い可愛い子にばっかり目が行って、お母さん役なんか眼中になかったけど、昔好きだった映画を今観ると、お母さん役なんかがとっても魅力的に見えるもんね。
「えっ、このお母さんめっちゃいい女やん!」とか。昔は気付かなかった。

若さを持ってる時ほど、「若さが全て!若い内に!」みたいに思ってたんだと思います。
失ってみると、それはそれで別の美しさを見付けられるんだな。若さだけが美じゃないんだなって。
なんでもそうだね。
お金なんかもあればあるほど不安になるじゃない。「貧乏になったらおしまいだ。貧乏にだけはなりたくない!」みたいに。でも貧乏生活だって普通に楽しいし、失うものが何もないってのも気楽で幸せだし。
健康だってそうかもね。「癌にだけはなりたくない!」とか思っても、がん患者さんだって普通に幸せそうに暮らしてるし。
失ったら失ったで、別の美しさに気付ける。
きっと自分がおばあちゃんになった時には、老人にも色気を感じるようになるでしょう。

でもさ、ブスだろうが老人だろうが、どんな人にでも色気を感じる事が出来る人の方が魅力的だなと思います。
「あんなブス無理」とか「あんなババア or ジジイいやだ!」って言ってる人より、「俺 or 私全然イケる!抱ける!」って言う人の方が懐深そうで、包容力ありそうで人間的に魅力があるよね。


映画のハナシからだいぶずれたけど、The Duke of Burgundy、本当に最高にお気に入り映画になりました!美しい!
邦題は「バーガンディー公爵」というそうです。


スポンサーサイト



カッコーの巣の上で

昨日、映画「カッコーの巣の上で」を観ました。
1975年のアメリカ映画で、ずぅ~っと前から観てみたいなぁと思っていたのですが、今回初めて観てみました。
なんか精神病院の話だという事は知ってたけど、特に予備知識も無く観てみたのですよ。
英語だし字幕もないし、難しいだろうから、まあちょっとずつ観ていくか~と思って観始めたところ、字幕なしでも充分引き込まれ、そのまま2時間13分全部一気に観てしまいました。

ねえ観た事ありますか?カッコーの巣の上で。
なんかすごいよ。
言葉に出来ないねこれは。
ちょっと鬱になるね。
色々考えちゃって夜寝れなくなったよ。
怖いよ。
あのナースの冷酷な感じ。
やっぱりああいう「絶対の力」を持った人が、冷酷なサディストみたいな心の持ち主だったら本当に終わってるよ。
というか、支配する立場になって「力」を手に入れたら、ああいう心が芽生えてしまうのかもしれない。
ああいう心は割と誰にでも潜んでいるのかもしれない。
もしかしたら私の中にもあのナースみたいな心が居るかもしれないよね。
人間は不安定な生き物だから、絶対の力を持たせちゃいけないなと思いますね。そこの所、色々と風通しを良くしなければ、陰で被害者がたくさん増えてしまうね。

色々怖いけど、美しい映画でした。
でも、「泣かせる」ような映画じゃなくて、泣かせずに、心をずしんと重たくさせる映画だね。
とにかく良い映画だ!
心に強烈な一撃をくらった。
観た後、長く引きずるね。ほんと、色々考えてしまうよ。ぐるぐると。



長くつ下のピッピ

急にものすごく観たくなって買っちゃった。
2207162.jpg
長くつ下のピッピのDVD。子供の頃、このビデオ持ってて大好きで何度も何度も観たのです。
子供の頃と言っても、中学生~高校生で、もうかなり大きい子供だったんですけどね。

イーベイで探してみると、新品で送料無料で$10とかの安さで売ってたので、即BUY IT NOWしました。


本場、スウェーデンバージョンの長くつ下のピッピのDVDも1枚持ってるよ。実家に置いてあると思います。
スウェーデンバージョンのピッピも最高だけど、こっちのピッピも大好きです。

ピッピは言わずと知れた、世界一強い女の子。本当に力持ちで馬を持ち上げる事もできるし、ちょっと魔法らしきものも使えます。空を飛んだり。
パパは海賊(?)の船長さん。ある日嵐に合って船から投げ出されたピッピはパパと離れ離れに。
馬のアルフォンソとおサルのミスター・ニルソンと一緒に筏(いかだ)でゴタゴタ荘を目指します。ゴタゴタ荘とは、ピッピの別荘みたいなもの(?)

無事ゴタゴタ荘に辿り着いたピッピ達は、お隣の家に住むトミーとアニカと友達になります。
好き放題育ったピッピはマナーもお行儀も知らず、楽しく町中で大暴れします。
ゴタゴタ荘の金貨を狙う悪者や、ピッピを孤児たちの「子供の家」に入れようとするミス・バーニスター、トミーとアニカのお父さん、学校の先生などなど、ピッピをコントロールしようとする大人たちは大苦戦。

そしてピッピとトミーとアニカは、ピッピお手製の飛行機で家出をする事に…

というようなストーリーです。
まあこれが楽しいのなんのって!ピッピの自由さに本当に憧れたものです。

ピッピのボロボロのお洋服も可愛いの!
2207163.jpg

ワンピース、エプロン、長くつ下、ブーツ。服はいつもつぎはぎだらけ。
シド・ヴィシャスよりもパンクでアナーキーなピッピです。

2207164.jpg

やっぱりピッピは世界一強くてかっこいい女の子。
ピッピになりたい。私のヒーロー。


2207165.jpg


ワンピースの下は、ドロワーズみたいな、ショートパンツみたいな、見えても大丈夫なパンツを履いてて、可愛くて安心できます。

2207166.jpg

スウェーデンバージョンのピッピは、普通の「パンツ!」って感じの緑色のパンツを履いてて丸出しにするのでちょっと色々心配になりますが。
スウェーデンバージョンのピッピは、このピッピよりもっと年齢が低い子供らしいピッピなのですけどね。

2207167.jpg
トミーとアニカのお家にお呼ばれした時に、いきなり砂糖を床にぶちまけるピッピちゃん。
このシーン大好き。
ピッピ曰く、「お砂糖を裸足で踏むのって最高よ!」との事です。
このあと、トミーとアニカのお母さんが運んできた大きなケーキに感激したピッピは、思い切り顔からケーキに突っ込みます。


クリスマスのピッピのお洋服は一段と可愛いです。
2207168.jpg


エプロンがね、スペシャルなんですよ。

2207169.jpg

ジンジャーブレッドマンのパッチワークが付いてるんですよ!

22071691.jpg
冬でも半袖のピッピちゃん。

こういう服を作りたいな。ワンピースとエプロン。色んな色の好きな生地で作って、家で着るのです。
もうちょっとスカートを長くして、レースを付けたりして、ガーリー度をアップさせると思いますが。
こういうピッピ風のお洋服を作るのが目標です。


素敵で可愛いですね、ピッピちゃん。
思えば私がみつあみ信者なのも、ピッピのせいでもあるのだ。
あと、魔法陣グルグルのククリちゃんもみつあみだし、映画「南京の基督」の金花だって最初はみつあみでした。
私の憧れの女の子たちはみつあみ率が高いのだ。
みつあみこそが最強に可愛い髪型なのだ。
おばあさんになってもみつあみで居たい。

ピッピが、赤毛とそばかすの世界一強い女の子なら、私は白髪とシミの世界一強いおばさんになろう。
ピッピの自由さはずっと忘れずに心に置いておきたいです。


スウェーデンバージョンのピッピも、最近ネットで観たので、それについてもまたの機会に書きたいと思います。



映画

昨夜SBSでやってた映画が2本ともとてもよかったので、それについて書きたいと思います。
ネタバレありです。
1本目は「Match Point」という映画。邦題もそのまま「マッチポイント」です。
途中から観たので、全部ストーリーが解らなかったので、あとから調べました。
ウディ・アレン監督の映画。
テニスコーチをしているクリスと言う男が、上流階級のクロエという娘さんと結婚する事になったけど、ノラという美女に惹かれて浮気を重ねます。
クロエと別れてノラと結婚しようか悩むが、結局上流階級の生活を守る方(クロエ)を選ぶクリス。
しかしノラには「クロエとは別れる」と言い続け、ぞのままズルズルと関係を続ける。
そのうちノラは妊娠してしまう。そしてだんだんとクリスを追い詰めるようになってきて、たまらなくなったクリスはノラを殺害する事に…

というストーリー。

こういう浮気もののストーリーって、女性側の立場になって観る事が多いのに、これはなぜだか浮気男のクリス側の立場で観てしまいました。
だから、スカーレット・ヨハンソン演じるノラが、だんだんメンヘラ地雷女みたいになってきた時、「ノラうぜ~」と思ってしまいました。こりゃあとんだ地雷女に当たってしまったぜ、という感じ。
奥さんのクロエにバレないかともヒヤヒヤしたし。
このクロエさんが、能天気と言うか全然気付いてないし、ぽわぽわした感じですごく可愛く見えました。
私は個人的には断然クロエさんの方が好き。

ノラの殺害方法は猟銃でぶち抜くんですよ。しかも強盗殺人に見せるために、同じアパートのおばあさんをも撃ち殺し、家を荒らします。

こんな悪い事をしておきながら、結局クリスの罪はバレずに終わります。
バレるか!?逮捕されるか!?と思わせといて、バレないの!!
めちゃくちゃドキドキハラハラしました。
バレずに終わり、私はとってもホッとしましたよ。だってクリス目線で観てたから。きっと観る人はみんなクリス目線で観てしまうんじゃないかな。なぜかわからないけど。そういう撮り方をしてるのかな??

でもこれからクリスはどんな気持ちで暮らしてゆくのでしょうね?
なんだかとても深い、本当に面白い、よく出来た映画でした。
って私が書いても全然伝わらないと思うけど、なんというか久々に「う~む、これは良い」と唸らされる映画だったのです。
最後に捕まらなかったというのがとても満足です。
映画は大体、「悪い事した人は罰を受けるか死ぬ」という結末じゃないですか。
それを覆す結末と言うのが個人的にとても痛快(?)でした。



この映画の後には、題名は忘れたけどニュージーランドの映画をやっていました。
女の子として生まれたけど男の子になって10年ぶりに地元に戻ってきた主人公の話。
この映画もま~、素晴らしかった。
小さな田舎町だから、生まれてからずっと性同一性障害として暮らすのは本当に辛かったんだろうな。だから、たまらず地元を飛び出して、そして性転換して10年振りに戻って来たのです。
主人公も周りの人もみんな不器用で、色々すったもんだがあって心がヒリヒリするんだけど、最後には分かり合えるの。
泣いた。
久し振りに映画を観て泣いた。

いや~、良い映画2本立て!素晴らしいレイトショーでしたね。クオリティナイトですよ。


今日はリーが、ステーキ&マッシュルームパイを作ってくれました。
2204012.jpg

2204013.jpg
これがとっても美味しかった。売れる!


4月の店のFacebookのカバーフォトはこれにしました。
220401.jpg
イースターだよ。






ご飯とアクアマリン

今日はお好み焼きとポテトサラダを作りました。
220118.jpg
これだけなのに作るのにやたらと時間がかかってくだびれました。
ポテトサラダって結構めんどくさいよね。
じゃがいもを剥いて切ってレンジでチンして潰して、ニンジンも切ってレンジでチンして、キュウリとタマネギも切って、今日は茹で卵入りにしたので卵も茹でたし、ハムがなくてベーコンだったのでベーコンも切って焼いて入れたし、めんどくさかったなぁ…

そしてお好み焼きはキャベツを大量に千切りにしなければいけないからね。
プロみたいにタタタタタ!って速く千切りに出来たら楽だろうけど、私はザクッ、ザクッ、ザクッ、とゆっくりしか切れないのでこれもかなり時間がかかりますよ。

ポテトサラダとお好み焼き、一緒に作るのはめんどいわ。
もうやらないな。

美味しかったけどね。
リーは異様にポテトサラダが好きなのでいっぱい作ってもすぐになくなります。


これはこないだ作ったオムライス。
2201182.jpg
オムライスは簡単で美味しいのでしょっちゅう作ります。


今日は映画「Aquamarine」を観ました。邦題は「愛しのアクアマリン」。
夏になると観たくなる大好きな映画!
ローティーン向けの映画だと思うけど、可愛くて楽しくて面白くてしかも泣ける、良い映画なんだなこれが!
人魚が愛を探しに人間界にやって来て、2人の少女と友達になって、レイモンドと言うハンサムガイに恋するお話。
2人の少女ヘイリーとクレアが少女らしくて本当に可愛い。
人魚のアクアマリンも自由奔放でめっちゃ可愛いし。
レイモンドもナイスガイだし。

ネタバレすると、アクアマリンはレイモンドからの「愛」は得られなかったけど、ヘイリーとクレアからの愛を得るんだよね。
そしてヘイリーは結局オーストラリアに引っ越す事になってクレアとお別れになるんだけど、最後にそれを受け入れる2人。

もうね、おばちゃん観ながら何度も泣かされたよ。
名作やでしかし。
子供向けとあなどったらアカンで。
大切な事をいっぱい教えてくれる映画なのよ。


そしてこの映画を観ると、ギラギラした緑や紫や青のマニキュアを塗りたくなります。
アクアマリンは気分によって爪の色が変わるんだよ。
なんかね、もう「女の子に生まれてよかった!」と思える映画ですよ。


 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

愛美

Author:愛美
オーストラリア、クイーンズランド州、とある小さな田舎町の、携帯電話の通じない山奥に住んでいます。ワイルドな夫(リー)、犬のウィルフレッド、そしてニワトリ達と暮らしています。色んな動物や虫も出てきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1084)
映画 (88)
音楽 (21)
本 (54)
絵 (121)
モルモット (35)
生き物 (467)
美容 (76)
ブレット (29)
ガーデニング (130)
料理 (170)
ニワトリ (69)
美味しい物 (221)
スピリチュアル系 (9)
ブライス (19)
お酒 (6)
ブレット&ウィルフレッド (116)
切手 (15)
運転 (37)
手作り (33)
Australia Zooへの旅 (11)
特別なイベント等 (78)
アトキンスダイエット (15)
名探偵ポワロ (27)
セルフポートレート (14)
日本 (24)
ウィルフレッド (32)
ダック (17)
ギター (78)
可愛いもの (64)

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん