FC2ブログ

コアラのタンゴ♪

コアラの国、オーストラリアでの生活日記

日本旅行記 10月22日 パート2

その後私達4人が向かったのは・・・

18111994.jpg

ここ!

18111995.jpg
その名も「純喫茶 ヒスイ」!

私はオーストラリアに居る時にネットで純喫茶を見て、ずっと「純喫茶素敵!純喫茶に行きたい!」と夢に描いていたのです。
日本に帰るにあたって、和歌山にも純喫茶はあるのかな?と和歌山の純喫茶を検索し、ここは絶対に行きたい!と思ったのがこの、ヒスイなのです。

そこに、おんちゃんと祐子ちゃんは一緒に行ってくれたのですよ!嬉しいねぇ。

18111996.jpg

いざ!入ってみましょう!

181120.jpg

内装はすごい豪華なのです!
城かここはっ!?

店員さんは女性が3名(だったかな??)、とてもフレンドリーな方々で、写真を撮ってもいいですか?と訊くと「どうぞどうぞ、2階もあるので見て下さいね~」と言って下さいました。

という事で、ゴージャスな内装をたくさん撮らせて頂きました。
すごいから、まあ見て下さい!

1811202.jpg


1811203.jpg


1811204.jpg


1811205.jpg


1811206.jpg


1811207.jpg

どこを撮ってもお洒落画像!

18112099.jpg


1811208.jpg
2階も見せて頂きます!
2階は今は使われていないそうです。

1811209.jpg
この素敵な天井、装飾、シャンデリア…思い出すわ~、あの日の舞踏会…。
行った事無いけど。

18112091.jpg


18112094.jpg


18112093.jpg
2階から見た1階の図。


今は使われていない2階の席。
18112092.jpg
古びてる所が余計に素敵です。


18112095.jpg


18112096.jpg


18112097.jpg


18112098.jpg

嗚呼、なんと素敵な純喫茶。
本当に、違う世界に来たかの様です。

さて、お茶にしましょうね!
高齢の女性が注文を聞きに来てくれました。
彼女は「ここに注文書いてね」と言ってメモ帳を渡してくれました。
たぶん、ご高齢なので耳が聞こえにくい事や、みんなの注文を覚えきれないからだと思います。
でもそうやって書いた方が確実だし、ミスも少なくなるだろうし、いいなーと思いました。

そしてみんなの注文を書き終わってから、そのメモを渡しに行きました。

店内は静かなクラシック音楽が流れています。
最高だ。

隣の席には若い娘さん達4人組がお茶していました。
彼女たちは美容の話題などに花を咲かせていましたよ。


181120991.jpg
おんちゃんと祐子ちゃん。
タオルのおしぼりが喫茶店!って感じでいいね。
手前に写ってるのはリーが頼んだミルクセーキ。


181120992.jpg
私は紅茶と自家製ケーキにしました。


181120993.jpg
祐子ちゃんはサンドイッチ。


181120994.jpg
おんちゃんはパフェ。


181120995.jpg
リーは、なんだっけ?バナナクリームみたいな名前のやつ、何が出てくるか分からずに注文したらこんな美味しそうなのが来ました!

181120996.jpg
みんなちょっとずつ味見をしあったけど、どれも懐かしの喫茶店の味!という感じで、本当に美味しかった!!
ほんと、良い喫茶店だわ~。みんなで来れて本当によかった。
またまた素晴らしい思い出の宝箱に宝石がひとつ、追加されたのであった。

181120997.jpg
自然な彼女たち。

あ~、是非また行きたいよ、ヒスイ!
ここは本当におススメ度100!
無くなったら泣く!是非ずっと続けて欲しいですね。

美味しいランチを食べ、猫を触り、お茶を飲み、お城ヒスイに行って優雅なティータイムもでき、パーフェクトに完璧な一日となりました。

帰りは祐子ちゃんが和歌山駅まで送って下さいました。



つづく


スポンサーサイト

日本旅行記 10月22日 パート1

名古屋から帰って来た翌日も、バリバリに予定が入ってますよ!
今日は幼馴染のおんちゃんと、それから高校時代の友達、看護師の祐子ちゃんと会う日です。

リーも一緒に行きます。
和歌山駅で待ち合わせ。

歩いて最寄りの駅に行く途中、家の近くにはこんな看板が
181119.jpg
おサルが出るのか!

実家にも猿が出たらしいですよ。
目が合ったらフェンスの上をダダダーと走ってこっちに向かって来たからお母さんは「ギャー!」と叫んで家に逃げ込んだんだとか。
怖いね~。
でもちょっと面白いね(笑)
実際猿に会ったら絶対怖いと思うけど、聞く分には面白いよ。



さて、和歌山駅で、おんちゃんに会いました。
おんちゃん、学生時代の苦楽を共にしたおんちゃん!!
再会!

仔犬の様なおんちゃんを抱きしめる。
久し振り過ぎっ!!!

でもそんな時間を感じさせないくらいにおんちゃんはおんちゃんでした。

そして祐子ちゃんも合流!!
変わってないっ!!!!!

祐子ちゃんも祐子ちゃんなのでした。
そりゃそうだ。
少し照れます。


4人が向かったのは、ホテルグランヴィア和歌山のレストラン「ミユウ」という所。(で合ってたかな??)
ランチバイキングをみんなで食す。
写真、これしか撮ってなかったよ。
1811192.jpg
すごい景色もよくて、豪華なバイキングだったのになぜもっと写真を撮らぬのか!?
みんなで居ると写真の事とか結構忘れちゃうよね。

ほんと、色んな美味しい物がいっぱいあって最高だったよ。
デザートも食べたよ。

そしてみんなで色んなお話し。
高校時代の友達たちの噂話などをする。楽しい。

お腹がいっぱいになった私達は、ぶらくり丁へ行きました。
祐子ちゃんが車を出してくれました。


ぶらくり丁で、行く予定ではなかったけど保護猫カフェがあって、その日は半額だったので入ってみる事にしました。
猫カフェ、初体験ですよ!

結構決まり事とか多くてスリッパに履き替えないといけなかったり、ちょっと入るまでめんどくさかったけど、入りました。
カフェっていうからにはカフェなんだと思ってたら、飲み物は自動販売機で買って行って、それを2階に持って行って猫を撫でながら缶ジュースを飲むだけというシステムで、カフェちゃうやんと思いました。
猫がメインなのだね。

1811194.jpg

猫、いっぱい居ましたよ。

1811193.jpg
リーの膝がいたく気に入っていた猫ちゃん。


1811195.jpg


18111998.jpg


18111999.jpg


1811196.jpg


18111997.jpg

この猫ちゃんと遊んでたら、ナイフのようなシャープな爪の持ち主で、手に5カ所くらい切り傷(ひっかき傷じゃなくて切り傷)が出来たよ。
手加減せんかーい!
1811197.jpg
でも可愛かった。

猫を満喫してきました。


そして4人はまた次の目的地へ向かいます。

その途中で、お茶屋さんがあったので寄りました。
義母リーさんが、日本に来る前にたーんとお小遣いをくれたので、お茶好きな義母リーさんに上等なお茶をお土産に買おうと思って。

そしたらまあそこのお茶屋の店主の男性がすごく優しいのなんのって!
4人にお茶を振る舞って下さいましたよ。
1811198.jpg

茶釜で沸かしたお湯で、丁寧に丁寧に淹れて下すったのです。

1811199.jpg

こんなにちゃんとしたお茶を飲むの初めて!

18111991.jpg
とても濃くて美味しかったです。

18111992.jpg
茶をすする乙女ら。

色々お茶の説明もしてくれました。
彼はオーストラリアにも行った事があるんだって。

思いがけず、すごくいいお店に行けました。
義母リーさんにも良いお土産が買えたし。
このお店で祐子ちゃんはお茶を買い、可愛いお茶の缶をみんなに買ってくれて、その缶の中にお茶を分けて入れてくれました。
すごく、嬉しかったです。
ありがとう祐子たん。
缶、大切にするよ。お茶も美味しかった!


托鉢の人がベルを鳴らしながら歩いていました。
18111993.jpg
リーが寄付をすると、托鉢さんはお祈りのようなものをしてくれました。
リーはさっと寄付して立ち去ろうと思ったのにお祈りのようなのが始まって、ちょっと戸惑ったと言ってました。


つづく


日本旅行記 10月21日 パート4

さ~て、10月21日の日記はやたらと長くなって参りましたよ!
しかしこれで10月21日の日記はおしまいです。

素晴らしいライブを終えて、ライブ会場の最寄りの駅から名古屋駅まで、1回だけ乗り換えして行きました。

そして名古屋駅到着。

名古屋駅には、たかちゃんとルイ君が見送りに来て下さいましたよっ!!!
ありがとーーーーー!

新幹線が来るまで楽しくお喋りをして貴重なひとときを過ごしました。
たかちゃんとルイ君、たくさんお土産くれたよ(T_T)

駅でみんなで写真を撮りました。
18111397.jpg
ほんとは手前にリーも写ってるけど顔出しNGのリーはカットしましたよ。

あっという間に新幹線が来て、私とリーは乗り込みます。

18111398.jpg
最後まで見送ってくれたたかちゃんとルイ君・・・
またオーストラリアにも遊びに来てね。
私もまた日本に帰るよ~!


頂いたお土産の一部、えびせんを早速車内で食す。
18111399.jpg
かっ、かわいいっ!!しかも美味しい!

新幹線に揺られる事約1時間弱、ほどなく新大阪駅に到着。
新大阪駅で駅弁を買いました。

そしてまた特急くろしおに乗って和歌山まで帰ります。
くろしお内で駅弁を食す。
こっちはリーが食べたやつ。
181113991.jpg

181113992.jpg
真ん中に入ってる赤い物体、リーは「なにこれ、生のレバーみたい。食べる?」と訊いて来ました。
えー、生レバーって事はないでしょうよ、私もいらんけど。
結局残しました。
しかし数日後、実家でテレビを観てたら偶然「近江八幡の赤こんにゃく」といのが出て来て、「あーーーっ!あれは駅弁に入ってたやつじゃないのかっ!」と、奇跡的に謎が解けたのであった。
赤こんにゃくなんて初めてみたよ。

私が食べた駅弁はこんなの
181113993.jpg

なかなか豪華でしょ~。

181113994.jpg
ちょっと黒豆が散らかってるけど。

特急くろしお指定席で豪華な駅弁を食べて、ちょっと貴族気分でした。

和歌山に着いたのは夜の11時頃になりました。
実家の最寄りの駅までお母さんが車で迎えに来てくれました。


ぐったり疲れたけど、とても良い一日でした。


つづく



日本旅行記 10月21日 パート3

この日、石川さんのライブにはゲストが居て、それは「みっち。」さんという女性でした。
みっち。さんは、髪型はベリーショート、体も細くて無駄がない感じのキリリとした印象の方でした。

今日は、3部構成でライブは進行されるそうです。
まず初めに石川さんが歌って、小休憩。その後にみっち。さんが歌って、また小休憩。その後にまた石川さんが歌うという感じです。
石川さんが歌ってる間はみっち。さんが楽器を演奏したり合いの手を入れたりして、逆にみっち。さんが歌ってる時は石川さんが楽器と合いの手を入れます。

ライブ中は、なんと写真撮影もOK!
嬉しくてたくさん写真を撮りましたが、室内の光が少ない所で撮るとブレブレになるよね…。
何かカメラの設定とか変えたら多分ちゃんと撮れるんだと思いますが、そんなの分かりまへんのや。
いつもおまかせモードで撮ってるだけだからね。
そんな感じで良い写真はあまり撮れてませんでした。

これは庭の小鳥さんとお話ししてる石川さん。
1811136.jpg
お庭で小鳥がチチチチとさえずっていて、それを聞いた石川さんは即興の歌詞で小鳥さんとお話ししていたのです。

本当に自由なパフォーマンス。

縦横無尽に室内を動き回ります。
1811137.jpg

客席も狭いのに、歩き回って、ほんとに私の目の前で歌ったりもしてくれて、「ち、近いっ!!近すぎるっ!!もはやどこを見たらいいのか分からないくらい近い!」という感じの近さでしたが、感動しました。


みっち。さんが歌って石川さんが太鼓や桶を叩いているところ。
1811138.jpg

みっち。さんの歌声は素晴らしかった。
綺麗で、情熱的で、聞き惚れる感じでした。

1811139.jpg
おもちゃのピアノで歌うみっち。さん。
みっち。さんはダンスもします。

石川さんが初めてみっち。さんに会った時、みっち。さんは裸だったと言ってました。
なんでも、ボディペインティングをしていたんだとか。

2人がセッションする時、みっち。さんは石川さんをじっと真剣に見つめます。笑いもせずに真顔でじっと、見つめるのです。
そのまなざしが、少し恐ろしくもありかっこよくもあり、美しかったのを忘れられません。

2人は曲に乗せて突然しりとりを始めたりもしました。
石川さんがみっち。さんに笑いかける時は、すごく優しい目をしていたのが印象的でした。


あと、石川さんの声は本当に大きい!!
昔どこかで歌を歌ってる時にあまりに声がでかかったので警察を呼ばれた事があると言ってて、今日も民家なので声大丈夫か心配だと石川さん本人も言ってましたが、本当に私も心配になるくらい大きな声でした。

だってお庭のドアとか全部網戸になってるし、すぐ隣はアパートとか普通の住宅地だったんですもの。
これはきっとご近所さんもびっくりですよ。

たぶん事前にご近所さんに連絡してるんだろうな~と思います。

ある曲では、突然サプライズゲストが飛び入り参加で太鼓を叩いていました。
18111391.jpg
彼は「水中、それは苦しい」というバンドのドラマー「アナーキー吉田」さんという方だそうです。さっきまで普通に客席に居た方です。
あとでリーに「彼はプロのドラマーなんだって」と言うと、「なんかそう言う風なオーラがあると思ってたよ」と言ってました。
わかる~!
私も、開場してみんなお客さんが集まって来てる時、室内にあった古いオルガンをアナーキー吉田さんが見付け「わー!オルガンだ~!」と言っておもむろに鳴らし始めたのを見て、「な、なんて大胆な!!勝手に触って怒られても知らないぞ~」と思ったもん。
やっぱり凡人じゃなかったのね。

太鼓の演奏の仕方も、前衛的でプロっぽかったです。

18111392.jpg

石川さんの歌やみっち。さんの歌は、歌詞が面白くて特徴的なので、日本語が分からないリーは退屈するんじゃないかとちょっと心配しましたが、リーはとても楽しんでいたようです。

なんせ動きが多いし、表情や声の加減などがコロコロ変わるし、そういうので迫力は伝わったようで、とても楽しかったとリーは言ってました。
本当に自由で、本人たちが楽しんでやってる所がクールだと思うと言ってました。
オーストラリアや英語圏でもそういう、即興の歌とか自由を謳った音楽があるそうですが、それらは「自由」を謳ってる割に「アート」という気取りみたいなのがあって、アートぶった感じなのが多くて全然楽しくないけど、今日のライブはそういう気取りが無くて本当に自由で、それがよかったと言っていました。
リーがそう言ってたので、なんだか私も自分が褒められたように嬉しかったです。


全ての演奏が終わった後、観客の拍手は徐々にパンパンパンとリズミカルな手拍子に変わりました。
おお、これは、アンコール!!
ライブなんてもう10年以上も行ってなかったので、このアンコールと言う文化をすっかり忘れていましたよ私は。
私も一緒に手拍子します。
リーは「え?何?」と少し困惑していました。
リーの知識内では、こうしてパンパンパンとみんなで手拍子する事は、ブーイングで、不満な時にするものだと思ってたそうです。
なので、これはアンコールを求めてるんだよーと教えてあげました。

こうしてアンコールも含め、全ての演奏が終わりました。

18111393.jpg
みっち。さん、石川浩司さん、そして淺井カヨさん。
本当に素晴らしいライブでした。

カヨさんは、「まだお菓子もありますので、皆さんゆっくりして行って下さいね。」と言って下さいました。
ライブの後は、みんな好き好きに交流をします。

CD販売もあったので、購入しました。
みっち。さんのCDは、是非じっくり聴きたいと、2枚。
181113997.jpg
「みっち。のショートショート ~眠れない夜に~」と「はじまりのはじまり」。

181113998.jpg

手書きの所がすごく可愛い!

181113999.jpg
オーストラリアに戻って来てからじっくり聴きましたが、ほんとにすごく良かったのです!
特に「はじまりのはじまり」に入ってる「物語を聞かせて!」と「じゃれあい」と「真っ赤なごちそう」が情熱的な感じですごく好みでした。
石川さんのライブに行かなかったら出会えなかったであろうみっち。さんの歌に出会えて、幸運だったと思います。

「物語を聞かせて!」のミュージックビデオ


みっち。さんと
18102401.jpg
お饅頭を頂きました!
みっち。さんは和菓子屋さんの娘さんなのですよ。でもみっち。さん自身は餡子が食べられないんだそうです。それを歌にした「和菓子屋の娘のうた」というのは、ライブでもやってくれたし、CDにも入ってる可愛らしい歌でした。
みっち。さんのご両親の作ったお饅頭、餡子いっぱい入っててすごく美味しかったですよ。

みっち。さんと、たくさんお話しできました!


そしてそして、石川浩司さんと大谷氏のユニット「ホルモン鉄道」のCDも購入!
石川さん本人から買います。
石川さんとっ・・・!
18111394.jpg

写真ブレブレになっちゃったけど(笑)

18111395.jpg

私は石川浩司さんのホームページに時々投稿しているので、そのハンドルネームを名乗ろうと思ってドキドキしていたのですが、なななんと石川さんの方から「〇〇さん?」と言って下さいましたよ!!!
ギャーーーーーーーーー!!いしかわさんーーーーーー!!!!(ToT)

とても嬉しかったです。
前もってライブに行きますと報告し、オーストラリア人の夫と行くと言ってたので、覚えてて下さったのですね。こういうのすごく嬉しいですよね。
「ニヒル牛にも行ってくれたみたいで」って言って下さって、もう、行きましたともーーーー!!!という感じでした。
緊張して何を言ったらいいか分からず、あまりたくさんお話しできませんでしたが、石川さんもとても気さくな方でした!石川さんもシャイなんだろうなと思いました。

181113995.jpg
ホルモン鉄道のCD。

サインをして下さいました!
181113996.jpg
可愛いんですけど!!!😍

ホルモン鉄道のCDも、よかったです。
すごい賑やかな感じの歌なのかな?と思ってましたが、意外とすごく聴きやすくて、歌詞も面白くてクスッと笑いながら聴きました。
面白いのからしんみりするのもあって、心があったかくなる感じです。
ホルモン鉄道もいつかライブを観に行きたいな。

そして、淺井カヨさんとも写真を撮って頂きましたよ!
18111396.jpg
リーは顔出し嫌だというので隠させて頂いた(笑)
この写真、撮って下さったのはみっち。さんですよ!贅沢っ!!

淺井カヨさんもすごく気さくな方で、こんなにビシッとモダンガールを貫いてるのに、飄々としてて全然気取ってなくて、そこがまた素敵だと思いました。

なんかもう、本当に皆さん気さくでした!

しかも、このライブでは、他の投稿者さん2名とも会う事が出来ました!!!
いや~~、嬉しかった。すごい面白い投稿をしていた女性で、少しお話しした話の内容から私はすぐにピンと来て、「○○さん!?」と言ったら本当にそうで、感激しましたよ。
その女性と一緒にライブに来たのはネパールの男性で、彼もとても柔らかな印象の方で、リーはオーストラリアからだし、国際的だねと会話が盛り上がったりして本当に楽しかったです。

そして淺井カヨさんが、「この後みんなでご飯を食べに行こうかと思うのですが、よかったらご一緒に」とお誘い下さいました!
石川さんのライブでは、よくライブの後にお客さんも含めてみんなで打ち上げなどが行われるそうです。

愛美37歳、生まれて初めてミュージシャンの打ち上げに誘われる・・・・!

嗚呼、ミュージシャンの打ち上げ・・・なんて危険で卑猥で魅力的な響きなのでしょう。

でもそんなのに参加したら私、不良少女になっちゃうわ!ママに叱られちゃう。

…というのはもちろん嘘ですが、しかしこれから20時13分発の新幹線のぞみに乗って和歌山に帰らねばなりません。もうチケットはオーストラリアから購入済みです。
時刻はもう18時を過ぎていました。
ちょっと難しいな。

という事で、とてもとても残念ですが、今日は帰る事にしました。
のぞみのバカヤロー!!

でも、なんとなく皆にはまた会えるような気がして、また今度ね、みたいな気持ちでした。きっとまた会える。

帰る時はカヨさんが外まで送って下さいましたよ。駅はあちらですと方向を示して下さったりなんかして…。
カヨさん…優しい(ノД`)・゜・。

ああ、なんだったのでしょう、あの空間は。みんなが優しくてフレンドリーで、楽しくて温かくて…。
夢を見ていたのでしょうか?
いいえ、夢ではありませぬ。現実ですよ。あの楽しい温かい空間は、本当にあったのです。
頭がポォ~~~っとした放心状態のままリーと帰路に着きました。


つづく


日本旅行記 10月21日 パート2

今回名古屋に来た目的は、たかちゃんとルイ君に会う事、そしてもうひとつの大きな目的がありました。
それは・・・・


これっ!!
181113.jpg

石川浩司さんのライブに行く事です!!!
しかも、あのモダンガールの淺井カヨさん主催!


ライブ会場は、淺井カヨさんのご実家で築58年の民家なのです。
住所は予約した者だけに知らされるという、シークレットライブ的なそれでした。

私は石川浩司さんのホームページのインフォメーションでこのライブを知り、「10月21日っ!日本滞在中だ!しかも名古屋!名古屋に行けばたかちゃんにも会えるし石川さんのライブにも行ける!よし、行こう!!」と即決しました。

勇んで問い合わせメールを送った所、淺井カヨさんご本人からすごく丁寧な返信がきて感激致しました。
そして予約の整理番号がリーと2人で1番と2番でした!
きゃーー!こんなの初めて!


そして、ライブ当日はやってきたのでした。
ドキドキ…


開場は14時30分で開演は15時からでした。
初めて訪れる場所なので、迷っても大丈夫なように余裕を持って来たら、13時頃に会場であるお宅に到着してしまいました。
早過ぎる!!

とりあえず場所を確認できたので、駅の近くに色々お店などがあったので、駅の方へ戻ってみるとファミリーマートがあったのでそこでお菓子などを買って、テーブルもあったので座って時間を潰しました。

そして2時過ぎにファミリーマートを出、ライブ会場へ向かいました。
途中で地図を持った女性が歩いていたので、もしかして彼女も石川さんのライブに行くのかな?と思ったらやっぱりそうで、一緒に会場に入りました。

会場は、本当に普通の民家でした。

そして、淺井カヨさんが迎えてくれました!!
本物の淺井カヨさんだーーーー!

やっぱり、淺井カヨさんも、ネットで見るより小さい!!!
小柄な方でした。

会場はこのような感じ
1811139991.jpg

今日はお客さんは15人だそうです。

ギターや太鼓、桶や鍋などが用意されていました。
1811134.jpg


1811132.jpg

ピアニカや、おもちゃのピアノなども。

1811133.jpg


ジュースとお菓子が配給されました。
1811135.jpg
ジュースはレトロな瓶に入った可愛いジュースだったんですよ。ぶどうジュースを選びました。


やたらと蚊が飛んでいて、刺されたので、パンパンと蚊を叩いていると、係の男性が蚊取り線香をつけて下さいました。
とても感じの良い男性でした。
お名前を忘れてしまいましたよ。


そうしている内に開演時間が迫って来ました。
お客さんもたくさん集まって来ました。

淺井カヨさんが司会をします。
「あの、皆さん、法事じゃないんだから、もっと楽にして下さいね。」との言葉でみんなちょっと緊張がほぐれました。
みんな正座で本当に法事の様に神妙な感じで座っていましたからね。

「お手洗いはあちらにありますので、演奏中でもどうぞ自由に行って下さいね。」
との事。
ああ、思ったよりずっとアットホームな感じだ。ほっとしました。
人の家なので、お行儀よくしなければいけないような、トイレは借りにくいような、そんな緊張感がありましたが、カヨさんのトークで肩の力が抜けました。

そして、いよいよ、石川浩司さんの登場です!!

石川あるさんも淺井カヨさんも、先程みかけたレディビアードさんも実際に会うと思ってたより小さかったので、きっと石川浩司さんも小さいに違いない!
小さいぞ、きっと小さいぞ、と思ってたら実際の石川浩司さんは小さくありませんでした。

「小さい小さい」と思ってたから逆に、「あれ、結構大きい」と思ったんだと思います。


長くなりそうなので

つづく


 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

愛美

Author:愛美
オーストラリア、クイーンズランド州、とある小さな田舎町の、携帯電話の通じない山奥に住んでいます。ワイルドな夫(リー)、2匹の犬(ブレット&ウィルフレッド)、そしてニワトリ達と暮らしています。色んな動物や虫も出てきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (641)
映画 (67)
音楽 (7)
本 (46)
絵 (89)
モルモット (35)
生き物 (335)
美容 (45)
ブレット (27)
ガーデニング (91)
料理 (70)
ニワトリ (31)
美味しい物 (121)
スピリチュアル系 (6)
ブライス (18)
お酒 (4)
ブレット&ウィルフレッド (69)
切手 (9)
運転 (30)
手作り (25)
Australia Zooへの旅 (11)
特別なイベント等 (64)
アトキンスダイエット (15)
名探偵ポワロ (26)
セルフポートレート (6)
日本 (14)

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん